FC2ブログ

遺伝子との戦い


  大掛かりな清掃を済ませたブルーグラスの水槽
DSCN2869.jpg

  水草を戻す前にグッピーの選別です。
DSCN2854.jpg

  ブルーグラスとは違う品種が沢山誕生しています。
DSCN2838.jpg

  その品種はヒレの黒い「ブラオ」です。
 DSCN2808.jpg DSCN2804_201801240853399af.jpg

 DSCN2809_20180124085342073.jpg DSCN2812.jpg

  雄♂のヒレは真っ黒です。
 DSCN2849.jpg DSCN2844.jpg

  これらを選別して隔離しなければなりません。

  僕の熱帯魚歴は20年近く・・?
  国産グッピーの購入は
  十数年前に出会った信頼出来るオーナーのお店からだけでした。
  ブルーグラスもそのお店から購入して十数年勾配を続けています。

  ブルーグラスの勾配からはレッドグラスが誕生が多くなったり、
  勾配を繰り返すとモザイク模様に近いのが生まれたりする事はあります。
  また、たまにコブラ系の模様や色合いの淡いのの誕生は在りました。
  だけど・・ヒレが黒い「ブラオ」の出現が多くあった記憶はありません。

  グッピーの品種は色んな品種の勾配を経て作りだされています。
  だから、それらが誕生しても何も疑問に思う事はありませんでした。

  もともと面倒くさがりなんで、遺伝の法則に付いて深く考えた事もありません。
  ブリーダーを目指してる訳ではないし、
  僕の楽しみ方のレベルでは考える必要も感じませんでした。

  時々新たにグルーグラスを購入して加えていただけなんです。

  今回は信頼してきたオーナーがお店を止められた事で、
  初めて他のお店からの購入でした。

  そのブルーグラスから初めて沢山の「ブラオ」の出現です。
 、購入したお店の信頼性を疑う内容を記してしまいました。

  すると、「遺伝子の法則」で仕方無い事だとの指摘を受けてしまいました。

  調べてみるとご指摘通りでした。

  ブルーグラス同士勾配から誕生する品種は・・

    レッドグラスが25%
    ブルーグラスが50%
    ブラオが25% なのだそうです。

   えぇ~!?   何で?
   何で今までの十数年間は「ブラオ」の誕生が無かったのでしょう??

   これらを放置すると・・
   レッドグラス×レッドグラス
   ブラオ×ブラオ
   レッドグラス×ブラオ

   ま、これらで交配を続けると大変な結果になるみたいです・・

      えぇ~  面倒だよ~



 ブラオと形や色合いの良くないのは隔離用の水槽へ
DSCN2607.jpg

  30㎝水槽2つにオスとメスを別々に隔離しています。
  隔離した分からの繁殖を防ぐ為です。

  この水槽にはドイツイエローやレッドグラスを隔離しています。
  それにブラオが加わって飽和状態です。


   何だか面倒で楽しくありませ~ん



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョン1203

Author:ジョン1203
何をやっても中途半端で、趣味として熱く語れる程探求してる事も無く、また他の方のブログと比較すると恥ずかしくもあるのだけれど・・
自身の趣味と日々の生活を綴ってみれば、何か新たな刺激や発見がある様な気がして始めてみました。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR